コンビニ人間

2016年、第155回芥川賞作品の「コンビニ人間」。

いま、Koboで読んでいます。


コンビニ人間【電子書籍】[ 村田沙耶香 ]

村田沙耶香さんの作品。

芥川賞受賞作品は、文体がとっつきにくかったり、抽象性の高い表現が頻出したりで、読みにくさを感じるイメージも強いです。

が、「コンビニ人間」はそんなことはなく、スラスラと読んでいくことができます。

エンタメ性も強く感じられ、なんというか、読者に優しいというか、突き放さない感じが良いです。

尖っていて、つっけんどんで「理解できない奴は、ついて来んでいい」みたいな作品、疲れるんですよね。

学生時代とかの、余裕があるときにはいいのかもしれないけれど。

「コンビニ人間」はそんなところはなく、自分は好きです。

いま、80%あたりを読んでいるところ。

最後のほうの展開はどうなるのかな。


タグ

2018年10月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:電子書籍

全国出版協会 2017年の出版市場発表

公益社団法人全国出版協会が、2017年の出版市場データを発表しています。

こちら→http://www.ajpea.or.jp/information/20180125/index.html

それによると、全体(紙+電子)の推定販売金額は1兆5,916億円。

これは前年比4.2%減。

2017年の紙出版物(書籍・雑誌合計)の推定販売金額は1兆3,701億円で13年連続の減少。

前年比6.9%減となります。

ただし、電子書籍市場は拡大傾向のようです。

2017年で電子出版市場は2,215億円。

これは前年比16.0%アップとなります。

内訳は
■電子コミック→1,711億円 前年比17.2%増
■電子書籍(文字もの)→290億円 前年比12.4%増
■電子雑誌→214億円 前年比12.0%増
とのこと。
(雑誌には定額制読み放題サービスを含む)

自分の場合は・・・「電子書籍(文字もの)」を購入することが多いです。

あと、付録目的で紙雑誌を購入することも。

最近、Yahoo!プレミアムの特典で雑誌100誌読み放題がスタートしていて、それも利用して始めています。


タグ

2018年1月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:電子書籍

TBSドラマ「LEADERS リーダーズ」原案小説

佐藤浩市さん主演のTBSスペシャルドラマ「LEADERS リーダーズ」。

TBS側は公式には言っていないのかも知れませんが、あの会社のモデルはトヨタ自動車ですね。

ドラマの原案のひとつは、「小説 日銀管理」という作品。

電子書籍版も出ています↓

小説 日銀管理【電子書籍】[本所次郎]

主人公・愛知佐一郎などの人物名はドラマでも使われています。

TBSの番組公式サイト↓には、原案として「トヨタ自動車75年史」も記載されています。
2夜連続大型ドラマ 『 LEADERS リーダーズ 』 | TBSテレビ


タグ

2017年3月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:電子書籍

このページの先頭へ