コンビニ人間

2016年、第155回芥川賞作品の「コンビニ人間」。

いま、Koboで読んでいます。


コンビニ人間【電子書籍】[ 村田沙耶香 ]

村田沙耶香さんの作品。

芥川賞受賞作品は、文体がとっつきにくかったり、抽象性の高い表現が頻出したりで、読みにくさを感じるイメージも強いです。

が、「コンビニ人間」はそんなことはなく、スラスラと読んでいくことができます。

エンタメ性も強く感じられ、なんというか、読者に優しいというか、突き放さない感じが良いです。

尖っていて、つっけんどんで「理解できない奴は、ついて来んでいい」みたいな作品、疲れるんですよね。

学生時代とかの、余裕があるときにはいいのかもしれないけれど。

「コンビニ人間」はそんなところはなく、自分は好きです。

いま、80%あたりを読んでいるところ。

最後のほうの展開はどうなるのかな。


タグ

2018年10月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:電子書籍

このページの先頭へ