アメリカの書店 生き残ってきた理由

アメリカの書店が生き残ってきた理由について書かれていました。

「書店が生き残ってきたのは、ただ本を売るだけでなく、一貫して“キュレーション”と“ディスカバリー”を提供する“コミュニティー”をつくってきたからです」と、ABA会長オレン・テイチャー氏はいう。

【2021年最新版】不労所得で月5万を堅実にコツコツ稼ぐ方法4つ
何もせずに毎月5万円の不労所得があればとても嬉しいと思いませんか?プラス5万円の副収入があるだけで家計は助かりますし、趣味や旅行にも行けそうですね!そんな不労所得で月5万円を堅実にコツコツ稼ぐ方法をご紹介しますので参考にしてみてください

ABAというのは、全米書店協会だそう。

American Booksellers Associationですね。

意味が捉えにくいところもありますが、その後の部分を読むと、
★品揃えに工夫をこらす
★ニーズのありそうなイベントを開催する
ということだろうか。

単に本を売るだけでなく、人々の知的好奇心に刺激を与えたり、文化的素養を深めるために何かできないかと考え、実行している、ということかな。

本屋さんが、そのエリアでの知的文化情報の発信源となり、地元の人々にもそう認知されている、という感じ?

アメリカに住んだことがないので実情がよくわからないですが、上記のようなことであったとしたら、そのイメージにはなんだかワクワクするところがありますね。


タイトルとURLをコピーしました