文庫Xの正体は「殺人犯はそこにいる」

岩手県盛岡市のさわや書店フェザン店の書店員さんが仕掛けてヒット企画となった「文庫X」。

全国650の書店に飛び火し、約15万部の売上げとなっているようです。

この本の中身(正体)がオフィシャルに明かされました。

何の本だったかというと、清水潔さんの「殺人犯はそこにいる」という作品でした。

なんだかミステリー小説のようなタイトルですが、ノンフィクション作品。

電子書籍版も出ています↓

殺人犯はそこにいるー隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件ー(新潮文庫)【電子書籍】[清水潔]

・北関東連続幼女誘拐殺人事件
・足利事件(冤罪事件)
を取り扱った内容のようです。