新井賞

というのがあるのですね。

三省堂書店の書店員、新井見枝香さんが選出しているもの。

第1回選出が2014年7月。

半年に一度、新井さんが面白いと思った本を選出しているみたいです。

2019年1月16日に9回目の新井賞の発表がありました。

これまでの受賞作品は次のようです。

新井賞 受賞作品一覧(2019年1月まで)

発表日 受賞作品 著者
第1回 2014年7月17日 男ともだち 千早 茜
第2回 2015年1月15日 イノセント・デイズ 早見和真
第3回 2015年7月16日 朝が来る 辻村深月
第4回 2016年1月19日 坂の途中の家 角田光代
第5回 2016年7月19日 やがて海へと届く 彩瀬まる
第6回 2017年7月19日 貘の耳たぶ 芦沢 央
第7回 2018年1月16日 砂上 桜木紫乃
第8回 2018年7月18日 ののはな通信 三浦しをん
第9回 2019年1月16日 ダルちゃん はるな檸檬

新井見枝香さんのツイッターやエッセイなど

■ツイッター→新井見枝香「本屋の新井」@honya_arai

■エッセイ→連載 – こじらせ系独身女子の新井ですが

■ブログ?→新井見枝香|note

■著書→Amazon.co.jp: 新井見枝香:作品一覧、著者略歴